大阪で前歯を安い値段のインプラントにするブログ

大阪で前歯を安い値段のインプラントにするためのブログです。

大阪で安い値段で前歯をインプラントにした体験を記したブログ

歯と歯茎の間は食べものが挟まりやすいので、虫歯になりやすい環境になっています。

ceramic-white.com

虫歯を治療したり、虫歯治療をしたときに神経を取ってしまうと、少しずつ黄ばんだり黒ずんだりして悪目立ちしてしまいます。

そんなときは色が変わってしまった部分の歯を取り除いてインプラントにすることも選択肢の1つになっています。

 

インプラントは保険適用外の治療ですが、自然な歯と同じような色と形になるので、取り替えても全く違和感がありません。

特に前歯は一番目立つ部分なので、歯の一部が欠損してしまったり黒ずんでしまった場合はインプラントにすることは有効な手段です。

 

ブログなどでもインプラントに変えたという体験談が多く、そのどれもが満足していると書かれています。

大阪の審美歯科でもインプラント治療を行っていますが、審美歯科のJDFが提携している大阪のクリニックでは、安い値段でインプラント治療を受けることができます。

保険適用外のため治療費を心配する人は多いですが、1本あたりにかかる費用が明確になっているので安心して施術を受けることができます。

施術を受ける前に無料でカウンセリングを行っているので、自分の歯の状態に合った治療を受けることができます。

ceramic-white.com

【大阪】前歯を安い値段のインプラントにするなら必見!

インプラントは少し前であれば何十万円もしていたような高額治療でした。

ところが今はその値段がなんと大阪で10万円程度にまで安い料金になっています。

 

husuma.net

 

大阪で前歯をインプラントにする値段

大阪のような大きな都市では歯科がたくさんあるため価格競争が起こりやすく、自費診療の歯科治療の値段も他県に比べて安い傾向にあります。

これは大阪に限った話ではなく、その他の大きな都市であれば同じことが言えます。

一般的にインプラントの費用相場が35万円ほどと言われているので、それと比べるとかなり安い値段になっていることが分かります。

ですがインプラントの場合、料金が安いことの他にもよく考えなければいけないことがあります。

 

安い値段のインプラントの注意点

インプラントは外科手術です。

麻酔をして歯茎を切開して金属を身体に埋め込むということは、身体的に大きなリスクがあり負担がかかる治療。

専門の機器があり、専門の技術者のいる大学病院などで行うのであればいいかもしれませんが、その辺の町の歯医者で行っていい治療ではありません。


ですがインプラントのような自費診療は歯科にとって利益になるため、最近では大阪でも10万円のような安い値段でインプラント治療を行う歯科が増えてきました。

この料金の安さに誘われて安易に行ってしまうと、最悪死に至る事故もあるようなリスクのある治療だということを自覚しておかなければなりません。

 

本来歯の根が残っていない場合にする治療です。

インプラントは本来、歯の根がなくなってしまっている部分に歯を入れるための方法です。

前歯の外見をよくするため、のような審美的な目的のために行うものではありません。

外見をよくしたいだけであれば他のもっと安い治療で自然な歯にすることができるのでそちらにした方がいいでしょう。

1本5万円以下でとても自然な前歯にすることができます。

大阪であれば値段が安い良い歯科がたくさんあるのでそういったところをまずは調べてみることをおすすめします。

husuma.net

 

 

 

 

審美歯科で受けることが出来る治療法の種類

芸能人や有名人のような綺麗な白い歯は多くの女性にとって憧れだとされている場合が多いといわれています。

しかし自宅で行える歯のお手入れというと、歯ブラシを使用したブラッシングや歯間ブラシなどを利用して歯の隙間に汚れが蓄積しないようする事ぐらいだといわれていますので、色素沈着などを起こしてしまっている黄ばんだ歯を白くするには、自宅でのケアには限界があるのです。

一般的に歯の黄ばみの原因は喫煙をされている事とイメージされる場合が多いのですが、最近ではコーヒーや紅茶、ワインなどを定期的に飲んでいる場合も、色素汚れであるシステインが歯に蓄積してしまう事で、歯に黄ばみが出来てしまう事もわかってきています。そのため普通に生活をしていても多くの方の歯が色素沈着を起こしてしまうのも珍しくないのです。

そこで黄ばんだ歯を綺麗にする方法として、審美歯科で行われている数多くの種類の施術の中でも、ホワイトニングケアやマニキュアケア、インプラント、セラミック治療が効果的だとされています。

ホワイトニングケアは薬剤を歯に塗り、レーザー照射をする事で色素分解をすることが可能で、歯への負担が少ないメリットがありますが、白く綺麗な歯にすることは難しく、時間が経てば色素沈着が再度起こってしまう事も少なくないのです。

審美歯科で行われている種類は多いですが、その中でも特に人気の高い治療が、セラミッククラウンを使用したオールセラミック治療です。

歯にかぶせるタイプのクラウンは一般的にはレジン製の物を使用している方が多いのですが、陶器で出来ているセラミッククラウンは、変色がしにくく歯に近い素材になっていますので、実際に使用しても不自然さを感じさせないとして人気になっています。

ただ審美歯科で受けられるセラミック治療やホワイトニング治療は、保険診療外の治療になっていますので、どうしても治療費が高額になってしまう恐れがあります。

そのため審美歯科でケアを受ける場合には施術内容や費用をしっかり把握する必要があります。

他にもインプラントなどの治療が有名となっていますが、インプラントの治療費は高額になることが多くその値段がネックとなることが多いです。

審美歯科で受けられるセラミックの種類

審美歯科は、一般的な治療に加えて、見た目にこだわった治療を行ってくれます。
噛んだり、話したりという機能的な面に加えて、見た目の美しさという審美的な面にも配慮してくれます。

審美歯科では、銀歯のような詰め物やかぶせものではなく、インプラントのように白い素材を使って治療をしてくれます。白い素材にはいくつか種類がありますが、その中でもセラミックは人間の歯のような透明感がありよく使われます。

プラスチックの素材は、強度が弱く、噛んでいると割れてしまったり、長い間使っていると変色してしまうことがあります。しかし、セラミックはいつまでもきれいな状態を保つことができ、表面もつるつるしているので、汚れがつきにくいという特徴があります。

歯が1本ない時、インプラントの他に左右の隣の歯を削って橋渡しのようにかぶせるブリッジという治療方法があります。ブリッジは、歯のない所を左右の歯で負担するので、かみ合わせの力がかかります。

そのために、今まではセラミックだけでは強度が足りず、金属で中を補強し、その上にセラミックをつけるやり方が一般的でした。このやり方ですと、中の金属が透けて見えてしまうので透明感がないのがデメリットでした。

そこで、中の金属の代わりに、ファイバーコアという新しい素材を使うことができるようになりました。さらに新しい歯の素材ジルコニアは強度も強く、色も白いので、とてもきれいな仕上がりになります。
審美歯科では、このジルコニアを使うことで、今までは金属を使わなければいけなかったブリッジにも応用することができました。

ジルコニアは、金属ではないので、金属アレルギーを引き起こすこともなく、歯肉が黒ずんでしまう心配がありません。前歯だけでなく奥歯にも使える強度があります。

同じセラミックを使いますが、金属を使うものをメタルボンド、ジルコニアを使うものをジルコニアセラミックという種類でわけています。

審美歯科では、患者さんの口の中を診査した上で、一番合う素材を選んでくれます。

審美歯科で前歯を治療する費用が心配

虫歯などで歯科治療が必要になってしまった前歯は、早めの治療なら多少削るほどで治療が終了しますが痛みを感じない等で放置してしまうと治療しただけでは直すことができなくなり、差し歯や被せ物をしなくてはいけないといったような場合があります。


人目に付きやすい前歯だけに多少削っただけでも目立ってしまうこともあるので早めの治療が必要ですが、健康保険を使って前歯に差し歯などを入れる場合には使える材料に限りがあるために治療直後はいいのですが、時間がたつにつれて変色したりするため見た目のあまり良く無い前歯になってしまう事があります。

せっかくなので歯並びの良い白く輝く前歯をと考える人は、保険を使うことができないために費用は自己負担になってしまいますが審美歯科で前歯にセラミックを使った差し歯やインプラントを入れる人が増えてきました。

 

実際に入れる歯にはメタルボンドのような金属の土台に表面部分にセラミックを焼き付けたものを使う場合や、金属の土台を歯茎に埋め込んでその上に歯を被せるインプラント、すべて歯の部分をセラミックで作るオールセラミックと呼ばれるものを使う場合がありますが、特に歯を白く輝かせることに関してはとても優れているために多くの審美歯科で治療に使われています。


審美歯科の治療で一番の問題になるのが健康保険をつかえないことにより費用はすべて自己負担をしなくてはいけないということですが、審美歯科でかかった費用も項目によっては国で費用を補助する制度があります。

これは月に医療費として10万円以上負担した家庭に対して適用されるものですが、10万円以上家族で医療費を払った場合には既に支払っている所得税より控除を受ける高額医療費控除という制度になります。

この制度は医療費はもちろんですが、治療に必要なために使った交通費(自家用車でのガソリン代はダメです)も含まれるので、審美歯科で治療を受ける人は是非とも利用したい制度です。

又最近では東京や大阪などの大都市を中心に多くの審美歯科があり、比較的料金の相場も以前に比べて下がっているので費用の問題で審美歯科へ行くことをためらった人には朗報です。

審美歯科では前歯のセラミック利用で分割払いが利用できます

審美歯科ではセラミックなど歯科治療の新材料を日々調査研究しています。臨床試験などの結果も随時チェックしており、使えると考えた新材料はすぐに患者さんに利用いただけるように準備しています。その新材料でもセラミックは特に期待が高く、また、他の歯科医院も含めて採用例も増えている新材料です。


セラミックはインプラントなどこれまでの歯科治療で使われてきている歯科金属と呼ばれる、ニッケル、銀合金、金合金、バラジウムに変わる歯科治療用の材料として期待されています。

 

歯科金属は日常生活で徐々に溶け出すことが分かってきており、溶けてできた隙間に虫歯ができる場合があると指摘されています。歯科金属が溶けた隙間は、見つけることが難しく、虫歯ができても大事になるまで気づかないことも少なくありません。

また、溶けた歯科金属が歯茎を汚したり、口内を汚すことも確認されており、早急な対応が求められています。インプラントやセラミックを利用した治療では溶け出す心配もなく、長寿命で利用できると好評ですが、いくつかの問題が指摘されており、審美歯科でも対応をしています。

 

新材料を使った歯科治療で問題になっているのが、元の歯への影響と治療費についてです。新材料を詰め物に利用した場合、元の歯よりも寿命が長いことがあるため、元の歯への影響があると言われています。

原因の一つとしては、新材料を詰める際に元の歯を削りすぎてしまうことがあるようです。審美歯科では元の歯を極力削らず、また、元の歯の神経を残すことで元の歯を弱くしない治療法を確立しています。

審美歯科では詰め物の他に新材料の自然な歯の色に着目して前歯などにも利用しています。前歯用差し歯に新材料を利用した場合、他の歯と新材料の前歯との色の違いが分からないと大変好評です。

新材料は治療費が保険適用外になることも少なくありません。審美歯科では多くの患者さんに綺麗で寿命の長い新材料を使っていただくためにインプラント治療などにもデンタルローンを用意して、分割払いに対応しています。