大阪で前歯を安い値段のインプラントにするブログ

大阪で前歯を安い値段のインプラントにするためのブログです。

審美歯科で受けられるセラミックの種類

審美歯科は、一般的な治療に加えて、見た目にこだわった治療を行ってくれます。
噛んだり、話したりという機能的な面に加えて、見た目の美しさという審美的な面にも配慮してくれます。

審美歯科では、銀歯のような詰め物やかぶせものではなく、インプラントのように白い素材を使って治療をしてくれます。白い素材にはいくつか種類がありますが、その中でもセラミックは人間の歯のような透明感がありよく使われます。

プラスチックの素材は、強度が弱く、噛んでいると割れてしまったり、長い間使っていると変色してしまうことがあります。しかし、セラミックはいつまでもきれいな状態を保つことができ、表面もつるつるしているので、汚れがつきにくいという特徴があります。

歯が1本ない時、インプラントの他に左右の隣の歯を削って橋渡しのようにかぶせるブリッジという治療方法があります。ブリッジは、歯のない所を左右の歯で負担するので、かみ合わせの力がかかります。

そのために、今まではセラミックだけでは強度が足りず、金属で中を補強し、その上にセラミックをつけるやり方が一般的でした。このやり方ですと、中の金属が透けて見えてしまうので透明感がないのがデメリットでした。

そこで、中の金属の代わりに、ファイバーコアという新しい素材を使うことができるようになりました。さらに新しい歯の素材ジルコニアは強度も強く、色も白いので、とてもきれいな仕上がりになります。
審美歯科では、このジルコニアを使うことで、今までは金属を使わなければいけなかったブリッジにも応用することができました。

ジルコニアは、金属ではないので、金属アレルギーを引き起こすこともなく、歯肉が黒ずんでしまう心配がありません。前歯だけでなく奥歯にも使える強度があります。

同じセラミックを使いますが、金属を使うものをメタルボンド、ジルコニアを使うものをジルコニアセラミックという種類でわけています。

審美歯科では、患者さんの口の中を診査した上で、一番合う素材を選んでくれます。